初期費用を抑えよう!敷金と礼金に着目する意味とは?

敷金と礼金とは一体何か

賃貸物件を借りるときには初期費用としていくつかの費用を支払わなければなりません。賃貸物件を探しているときに広告にも必ず記載されているのが敷金と礼金であり、初期費用として莫大なものになるときもあります。敷金とは一時的な預り金であり、物件のオーナーに対して家賃の数カ月分を預けておき、もし家賃の滞納をしたときにはそこからオーナーが家賃分を取るという形が取られているのです。退居の際には返却してもらえるのが敷金の性質ですが、原状回復費用がかかったときにも敷金が使用されます。一方、礼金は物件を貸してくれるオーナーに対するお礼のためのお金であり、オーナーの手に渡ったら返ってくることはありません。このような性質の違いがあるのが敷金と礼金です。

初期費用を抑えるための物件の選び方

初期費用を抑えたいというときには敷金や礼金の少ない賃貸物件を選べば良いと考えられます。物件によっては合わせると家賃で半年分程度になることもありますが、中にはどちらも0円という形にしている場合もあるからです。敷金も礼金も少ないに越したことありませんが、どちらが少ない方が良いかと考えると礼金でしょう。敷金は必要になった分だけオーナーの手元に渡っていくだけですが、礼金については全額がオーナーの手に入ってしまいます。預り金という扱いの敷金であれば、初期費用としてかかっても何とか払えるというのなら払っても良いと考えるのが賢明です。交渉によって礼金を減らしてもらったり、礼金を敷金として扱って欲しいと言ったりするのも有効でしょう。

新札幌の賃貸は人気が高まっていますので要チェックです。あらかじめ希望の家賃を明確にしておけば、該当する賃貸物件がすぐに見つかります。