市場価格に近い金額で売れる!?任意売却の特徴をご紹介!

住宅ローンの滞納は競売に繋がります

住宅ローンを滞納してしまうと、貸し付け元の金融機関は抵当権を行使して競売にかける準備を始めます。最初は、競売にかける旨の書類が届く事になりますが、これに応じられない場合は抵当権により金融機関が不動産を売却し、売却したお金で債券の回収を行うわけです。抵当権は一種の担保で、高額な住宅ローンであるため、融資をする時の条件として低当権を設定しています。抵当権が設定してある間は、不動産の所有権は持ち主だけではなく、金融機関にもあるため勝手に売却する事が出来ません。競売にかけられてしまうと、市場価格の6割前後の金額で売却が進められる事になるので、住宅ローンの残りが多い場合にはマイホームを処分した上に、ローンの支払いが残るなどのデメリットがあります。さらに、競売は裁判所を通じて手続きが進められるので、マイホームは裁判所の指示により差し押さえが行われる、周りに住む人に知られてしまうなどのデメリットがあります。

任意売却は競売よりも先に進める必要があります

任意売却は自らの意思でマイホームを売却する事で、金融機関への交渉を行う必要があります。任意売却は競売にかける準備を進めている中で行う事になる事からも、スピーディーな対応が必要です。しかし、任意売却でマイホームを売却する場合、市場価格に近い金額で売る事が出来るため、ローンの支払いがゼロになる可能性も高くなります。尚、任意売却は専門の会社に依頼する事で、金融機関への交渉や売却活動、様々な手続きの代行を行ってくれます。

任意売却とは不動産業者が債権者と債務者の仲介に入ることで、不動産を競売にかけられる前に取引を成立させることです。この売却方法なら、住宅ローンが残ったままの不動産でも売却することが可能です。