方針を決めるのが大事!良質な店舗デザインにしたいなら

コンセプトを明確にすることが重要

良質な店舗デザインを実現したいのであれば、まず最初にオーナーがお店のコンセプトを決定しなければいけません。お店の最終的な理想形が分からなければ、デザインの取っ掛かりを見つけることもできなくなるからです。デザイナーの方に仕事を依頼する際にも、コンセプトの提出はほぼ必須になります。適当にお任せをするといい結果にはなりにくいので、必ず最初に明確なコンセプトを用意するようにしましょう。

コンセプトが決まればデザインの方向性も決まる

デザインの方向性は、コンセプト次第だと言えます。コンセプトが決まってしまえば、ほぼ自動的に大まかな方向性も決まります。これらは連動していて切り離せるものではないからですね。方向性が決まれば、具体的なデザイン案も割と簡単に出していくことができるでしょう。デザインの取っ掛かりができるので、後の作業は早くなります。方向性が決まれば、後はバリエーションを揃えていくだけです。

コストには糸目を付けないことが大事

デザイン料が多少高くても、優秀なデザイナーさんに仕事を依頼するのがベストです。優秀なデザイナーさんは、オーナーの理想の店舗デザインを提案してくれる可能性が高くなるからです。色使いなどはセンスが求められますから、適当な人にお願いをすると後悔することもあります。一度決めた店舗デザインはそう簡単に変更できません。数年はそのデザインで経営を頑張っていかなければならないのですから、妥協はしないのが一番です。いいデザイナーさんは、採光についても考慮してくれますし、動線や空気の流れにも気を使ってデザインをしてくれます。

店舗デザインは、自分の思い描いたイメージを建築士に伝えて出来る限り希望通りのデザインにしてもらうことも可能です。