店舗デザインを選ぶ前に知っておきたいこと

コンセプトを明確にする

お店を開く場合には、お店のコンセプトが大事になるのは言うまでもありません。お店のコンセプトが明確でないと、お客さんがなかなか訪問してくれなくなり、結果的に安売りでお客さんを集めるしかなくなります。もちろん、安売りが悪いわけではありませんが、安売りをすると一人当たりの売上げ単価が下がってしまい、仕事量の割には儲からない状況が続きます。しかも、一度安売りをしてしまった場合、途中で値上げをするとお客さんが離れてしまう傾向があるでしょう。ですが、しっかりとしたコンセプトでビジネスを行う場合には、そのような心配をする必要はありません。コンセプトが明確になれば、店舗デザインの方向性も変わってきます。

店舗デザインするときの業者選び

店舗デザインをする場合には、業者選びが大切になります。基本的に、店舗のデザインをしてくれる人は住宅等の設計士です。設計士にも様々な人がおり、いわゆるデザイナーと呼ばれる有名な人もいますので、有名なデザイナーを選ぶと非常に魅力的な店舗になるのは間違いないでしょう。

ただし、自分のお店に対するコンセプトとそのデザイナーのデザインが合っていなければ、逆効果になることも考えられます。例えば、和風を前提としているカフェに有名な洋風デザイナーを採用する場合です。ただ有名だからよいわけではなく、自分が考えているコンセプトに一致するデザインを選ぶことが重要です。デザインを行う前には、しっかりとした打ち合わせをしましょう。打ち合わせを丁寧に行うことで、今まで見えなかったものが明確に見えてくることがあり、より魅力あるデザインを作り出すことが可能です。

賃貸物件などで入居者が決まってから内装工事をする場合があります。内装をきれいにしたのに入居者がなかなか決まらないと、部屋の換気が悪くカビが発生してしまうこともあります。