商売繁盛のために!店舗デザインで知っておきたいポイント

客足を左右する店舗デザイン

飲食店などのお店をオープンさせる時、必ず行わなければならないのが店舗デザインです。お店の外観や内観のデザインは、お店のイメージを大きく左右します。おかしなデザインであればお客さんは減ることが予想されますし、洗練された素敵なデザインであれば、たくさんのお客さんを呼び込むことも可能です。このため店舗を開店させるにあたって、入念に考えておく必要があります。

店舗デザインで実際に行うこと

店舗デザインは、店舗設計と呼ばれることもあります。まずはお店のオーナーが店舗のイメージを明確に示して、設計事務所やデザイン会社がこれを具体化します。そしてお店の設計図が出来上がったら、デザイン画を描きます。さらに家具やインテリアなども配置し、店舗デザインを固めていくことになります。またこれに付随して、什器の設置場所や、壁や床の色なども考える必要があります。全てを考慮した上でデザイン通りのお店が作れるかどうかの確認をし、オーナー側が承認すれば施工作業へと入っていきます。

店舗デザインを行う目的

店舗デザインを行う目的は、提供している商品をより魅力的に見せることです。雑貨屋さんであれば、お店のインテリアよりも商品の方を目立たせる必要があります。このため壁や棚の色は、控えめな色で統一しているケースが多いです。

また飲食店の場合は、お客様が食事しやすい環境を整えることも大切です。カウンター席の間隔を広めにしたり、テーブル席や座敷席では会話を楽しめるような空間づくりも必要になってきます。利用されるお客様のことを考えて、店舗デザインを進めることも大切です。

内装デザインにこだわることによって、店舗の集客率を上げることができます。まずは、専門のデザイナーが所属している事務所に相談してみましょう。