店舗デザインの気になるあれこれ…どうやってデザインする?

そもそも店舗デザインの方法とは?

店舗デザインというのは、ある程度の大まかなところは自分自身で決めて、それを具体的なものにするのは主にデザイナーの仕事となります。

とはいっても、何の案も無かったり、あまりにも大まかだとさすがにデザイナーも提案は出来ません。

ですので、自分でどういった店舗にしたいかというのか具体的に説明できるところまでは決めておくべきです。

機能性と内装のどちらをより意識するべきか

機能性と内装の両方に優れていれば最高なのですが、色々な面からそれを断念しないといけない場合があります。

その場合はどちらかをより意識してデザインをする事になるのですが、どちらを意識すれば良いかというのは業種によって変わってきます。

例えば内装にこだわらないといけない店舗でしたら、少々の機能性を犠牲にしてでも内装を重視するべきですし、機能性さえ優れていれば特に問題ないと感じる客層が多いのでしたら、機能性を重視しましょう。

もちろん、店舗には働く人もいますので、そういった人達の意見も取り入れたうえで結論を出すのが正解です。

どうやって自分の業種に合うデザイナーを探す?

自分の知り合いで良いデザイナーを知っているのでしたら問題はないのですが、大抵はそういった事もなく、ゼロからデザイナー探しを初めていく事になるでしょう。

この場合にオススメな方法は色々な設計事務所の実例を見ていく事で、特に自分がやっている業種を多く受け持つ設計事務所がありましたら、そこはマークしておくべきです。

やはり慣れている分、色々な案を提案してくれますし、そこに自分が思っている案を加えていく事で、素晴らしい店舗デザインが出来る事もあります。

雑貨屋などを経営する場合、たくさんの雑貨を狭い空間に展示したいと思うかもしれません。しかし、地震や火災などが発生したときに避難通路をふさいでしまうような店舗の内装は避ける必要があります。