知っておきたい!ペット可物件に関する基礎知識

ペット可物件とはどんなものなのか

賃貸では、基本的にペットを飼うことは禁止されています。ペットによる騒音や臭い、そして備品の損傷などの恐れがあるから、というのがその理由になります。しかし、賃貸であってもペットを飼いたいという人も少なくないことから、「ペット可」などと呼ばれる物件も存在しており、そういった物件であれば実際にペットを飼うことが可能です。物件のタイプとしては、「ペットを飼うことを前提にして作られた物件」や、「もともと一般的な物件だったものを、付加価値を付けるためにペット可にした物件」、そして「近隣からクレームを受ける恐れの低い一軒家」などがあります。

家賃や敷金などは一般的な物件より高い

ペット可物件の特徴としては、まず「家賃が一般的なものと比べて1~2割程度高い」ということが挙げられます。これは、ペットによる部屋の損傷のリスクがあるからであり、家賃だけでなく、入居時に支払う敷金に関しても、一般の場合より家賃の1ヵ月分程度高くなるケースが多いと言えます。そして退去時に返ってくる敷金の返金額も、一般の、人間だけが利用した場合と比べると少なくなってしまう場合が多いと言えるでしょう。

ペットの種類も入居条件になる

その他の特徴としては、「ペットの種類によって入居できる場合やできない場合がある」ということです。特に猫の場合は、爪で室内を傷つける恐れがあるため、入居が難しい場合が多いと言われています。そして犬に関しても、大型犬になると一戸建てやテラスハウス等の物件に限られてくる場合が多くなると言えるでしょう。

これから新生活を始めるにあたって、豊富な物件から探すなら様々な形態の賃貸物件がある北斗市の賃貸が便利です

ブロードバンド物件は回線品質を確認しよう!?実質値上げに要注意

ブロードバンド物件として実用的な回線はFTTHです

ブロードバンド物件として部屋情報にメリットとして紹介されているケースがあります。しかし、導入されているブロードバンド回線が過去の遺物となっている可能性があるので、実用的な回線以外だった場合には、光回線を引き直す必要があり、許可を取るだけで大変な思いをすることになりかねません。ブロードバンド利用料金無料と謳っている場合には、特に注意が必要です。なぜなら、光回線としてFTTHならば上り下りとも最大1000Mbpsという高速回線を利用可能となっており、VDSLであっても上り下り共に最大100Mbpsですから、実用的な範囲と言えるでしょう。しかし、光ハイブリッドと謳う上り10Mbpsの理論値しか出せない回線が紛れ込んでいるので、気をつける必要があります。

ケーブルテレビ接続はADSLより遅い現実

紹介された部屋がブロードバンド物件だった場合、光回線という案内を疑ってFTTHか確認してみると良いでしょう。なぜなら、ケーブルテレビ回線が提供されている場合には、ADSLよりも上り回線が遅いことが多く、既に実用的な双方向通信に見合わない状況となっているからです。建物の内部をテレビ用同軸ケーブルによって提供されるケーブルテレビ接続では、下り回線こそ規格値で100Mbps以上が謳われていますが、上り回線は2Mbpsまたは10Mbpsが限界値です。双方向通信を使ったwifi接続に必要な速度が上り下り共に実測で20Mbpsですから、いかに実用的ではないか分かるでしょう。ADSL回線ですら上り最大10.5Mbpsという状況ですから、遅さが際立ってしまいます。ブロードバンド物件は、純粋な光回線を選ばなければなりません。

琴似の賃貸は都心へのアクセスが良好であり、通勤や通学に適したエリアです。自然に囲まれのびのびと暮らせる上、スーパーなども点在しており暮らしやすい環境と言えます。

初期費用を抑えよう!敷金と礼金に着目する意味とは?

敷金と礼金とは一体何か

賃貸物件を借りるときには初期費用としていくつかの費用を支払わなければなりません。賃貸物件を探しているときに広告にも必ず記載されているのが敷金と礼金であり、初期費用として莫大なものになるときもあります。敷金とは一時的な預り金であり、物件のオーナーに対して家賃の数カ月分を預けておき、もし家賃の滞納をしたときにはそこからオーナーが家賃分を取るという形が取られているのです。退居の際には返却してもらえるのが敷金の性質ですが、原状回復費用がかかったときにも敷金が使用されます。一方、礼金は物件を貸してくれるオーナーに対するお礼のためのお金であり、オーナーの手に渡ったら返ってくることはありません。このような性質の違いがあるのが敷金と礼金です。

初期費用を抑えるための物件の選び方

初期費用を抑えたいというときには敷金や礼金の少ない賃貸物件を選べば良いと考えられます。物件によっては合わせると家賃で半年分程度になることもありますが、中にはどちらも0円という形にしている場合もあるからです。敷金も礼金も少ないに越したことありませんが、どちらが少ない方が良いかと考えると礼金でしょう。敷金は必要になった分だけオーナーの手元に渡っていくだけですが、礼金については全額がオーナーの手に入ってしまいます。預り金という扱いの敷金であれば、初期費用としてかかっても何とか払えるというのなら払っても良いと考えるのが賢明です。交渉によって礼金を減らしてもらったり、礼金を敷金として扱って欲しいと言ったりするのも有効でしょう。

新札幌の賃貸は人気が高まっていますので要チェックです。あらかじめ希望の家賃を明確にしておけば、該当する賃貸物件がすぐに見つかります。

マンション物件を探そう!どんな条件が重要?

まずは必須のお金の問題

マンション探しを始めるときに最も重要なのがお金の問題です。これから新たに生活を始めるときには毎月の収入がどの程度かを考えて、生活費に困らないように予算計画を立てましょう。一般的には月収の30%前後までにしておくのが良いとされていますが、薄給の人は少なめに設定しておいた方が生活に苦しまずに済みます。生活費から逆算してどの程度の家賃なら借りても大丈夫かを決めてから探し始めるのが大切です。

立地と間取りの優先順位を決める

家賃の上限が決まったら次に大切なのが立地と間取りのどちらを優先するかを決めることです。両方を追求するとどうしても高くなってしまいがちなので、どちらをまず優先するかを決めた上で検索をかけましょう。間取りを優先するのであれば面積も同時に考えておく必要があります。同じワンルームでも1畳の面積の差が住みやすさに大きな影響を与えます。生活家電や家具などを置くことも想定してどの程度の面積が必要かを考えるのが大切です。また、立地を優先するときには勤務先や最寄り駅、ショッピングセンターなどの生活に関わる部分にどれだけ近いかをバランスよく考える必要があります。普段から行き来することが多い場所を優先するのが基本であり、それによって無駄な移動時間を減らせるようになるでしょう。家賃を決めて立地と間取りを優先する順番で決めていくと物件の絞り込みはほぼ終わることがほとんどです。その候補の中から内覧する物件を決めて最終決定をしましょう。

札幌の賃貸マンションはとても人気が高い物件です。交通アクセスも良い立地となっており、周辺施設も充実しています。

学生にとって魅力的!学生限定マンションとは?

学生限定マンションを選ぼう

学校が多い地域や学生街になっている地域ではしばしば入居条件として学生限定あるいは学生のみとなっている賃貸マンションがあります。これから学生生活を始めようと賃貸物件探しをしているなら一度は候補に入れてみると良いのが学生限定マンションです。住んでいる人が全て学生という以外には特に他の物件とは違いがありませんが、一般的にはやや安めの家賃設定になっていて、間取りもワンルームが多い傾向があります。広くても1K程度の間取りになっていて基本的には安く学校の近くに住みたいという人に向けて提供されているマンションです。ほとんどの時間は授業やサークル、アルバイトで過ごしてしまって家に帰っても眠るだけという人に向いている物件がよく見かけられます。

学生しかいないから気楽なマンション

学生限定マンションは隣人が全て学生というのが魅力です。社会人の人とは違うリズムで生活することが多いのが学生であり、しばしばそれが隣人トラブルにつながってしまいます。しかし、学生同士ではその理解があるため、夜中に帰宅する生活をしていても、少し音楽を大きな音で聞いてしまってもそれほど問題になることがありません。中には神経質な住人がいないわけではありませんが、概して一般的なマンションに住むよりは気楽に生活できるのが学生限定マンションの魅力です。退居の際にも学生だという認識をオーナーが持っているのでトラブルが起こりにくく、安心して学生生活を送っていくことができるでしょう。

永山の賃貸は自然が多い立地条件となっていますので、住むには良い環境です。交通アクセスも便利な地域です。