知っておきたい!ペット可物件に関する基礎知識

ペット可物件とはどんなものなのか

賃貸では、基本的にペットを飼うことは禁止されています。ペットによる騒音や臭い、そして備品の損傷などの恐れがあるから、というのがその理由になります。しかし、賃貸であってもペットを飼いたいという人も少なくないことから、「ペット可」などと呼ばれる物件も存在しており、そういった物件であれば実際にペットを飼うことが可能です。物件のタイプとしては、「ペットを飼うことを前提にして作られた物件」や、「もともと一般的な物件だったものを、付加価値を付けるためにペット可にした物件」、そして「近隣からクレームを受ける恐れの低い一軒家」などがあります。

家賃や敷金などは一般的な物件より高い

ペット可物件の特徴としては、まず「家賃が一般的なものと比べて1~2割程度高い」ということが挙げられます。これは、ペットによる部屋の損傷のリスクがあるからであり、家賃だけでなく、入居時に支払う敷金に関しても、一般の場合より家賃の1ヵ月分程度高くなるケースが多いと言えます。そして退去時に返ってくる敷金の返金額も、一般の、人間だけが利用した場合と比べると少なくなってしまう場合が多いと言えるでしょう。

ペットの種類も入居条件になる

その他の特徴としては、「ペットの種類によって入居できる場合やできない場合がある」ということです。特に猫の場合は、爪で室内を傷つける恐れがあるため、入居が難しい場合が多いと言われています。そして犬に関しても、大型犬になると一戸建てやテラスハウス等の物件に限られてくる場合が多くなると言えるでしょう。

これから新生活を始めるにあたって、豊富な物件から探すなら様々な形態の賃貸物件がある北斗市の賃貸が便利です