部屋探しをする際にオール電化を選ぶとメリットが多い!?

オール電化なら光熱費が安い

部屋探しをする際に、オール電化の部屋を中心に探せば、夫婦2人暮らしでプロパンガスよりも光熱費が1万円程度は安くなります。価格差が11万円以内であれば、高額なガス料金に悩まされることなくオール電化ならではの効率良い環境で生活出来るので、家計にも優しくなるでしょう。子供や高齢者が同居する世帯ならば、直接火を使う必要が無いので安心して利用可能です。

火災リスクが少ない分だけ安心して住める

オール電化の部屋は、導入が本格的に開始されてから年数がさほど経過していないために、老朽化の心配が無い物件が多いです。ガスを使った給湯設備が壁面に設置されていると、異常気象時には強風による被害が出ないとも限りません。家庭内で直接火を扱う調理器具では、天ぷら鍋による火災が全国で発生しているので、IH調理器具のように温度設定が出来ない分だけ火災リスクが高まってしまうでしょう。家庭内で直接火を見られる環境を作らないだけでも、オール電化物件は安心して暮らせます。

設備グレードが高いことが多い

賃貸物件でオール電化を導入している大家は、設備グレードを全体的に上げた設置をしていることが多いです。入居者に余計な費用負担をかけないように設計しており、長期間更新しながら住み続けてもらえるように配慮されています。大家自身の経験から、プロパンガス業者と関わりたくないと考えているケースも多く、大家宅でもオール電化を導入していれば話を聞くキッカケとなるでしょう。賃貸借契約は、互いの信頼関係に基づき行われることが望ましいので、一度大家がオール電化にした理由を聞いてみると良いです。

東札幌の賃貸では、間取りの異なる物件が多数存在し、現在のライフスタイルに応じて最適な物件を選択できます。

暮らしやすさ重視!マンション購入する際に見ておきたい3つの事

洗濯物を干す場所はあるかどうか?

マンション購入にあたって重視する点は人によって異なりますが、間取りや室内の雰囲気や立地などを主に見る人が多いのではないでしょうか。しかし実際に住んでみると、洗濯物の干し場所に悩む人も少なくありません。そのためマンションを見学する際には、洗濯物はどこで干すかをしっかりと確認しておくといいでしょう。また雨の日には室内干しになりますが、干すスペースがあるのかどうかも重要なポイントとなります。

収納スペースはしっかりと確保されているか?

どれだけマンションの間取りや部屋数があっても、収納スペースがないと荷物が外に出てしまうため結局部屋が狭くなってしまいます。そのためマンション購入する際には、収納スペースがしっかりと確保されているかどうかを確認しておくといいでしょう。また家具を置く場所やどれだけの家具を置くのかなども考えながら、見学すると実際に住んだ時のイメージがつきやすくなります。

マンション近くの道路は交通量が多いか?

マンション近くには高速道路や大きな道路が近くに通っている場合もあります。しかし高速道路や大きな道路は、交通量が多く、騒音に悩まされるケースが少なくありません。そのためマンションの部屋の雰囲気や間取りだけを見るのではなく、周辺環境もしっかりと確認しておく事はとても重要なポイントとなります。実際に住んでみて気付く前に、購入する前に午前中と午後の交通量の確認をしておくようにしましょう。特に通勤ダッシュの時間帯などは、重要なポイントとなりますので注意が必要になります。

福岡市の新築マンションには、交通アクセスのよいところやデザイナーズマンション、ペット飼育可のマンションなどがあります。