買う前に考えよう!マンションに入れる家具家電

間取りと家具家電の関係

マンションを買うときには間取りを確認してから購入するのが基本です。しかし、ざっと眺めて広さも十分にあって部屋の位置関係も悪くないとわかったらそれで十分だと考えてしまわないようにしましょう。意外に重要なのが家具家電の置き場所です。どこにどのような大きさの家具家電を置くかを具体的に考えてみると実はあまり間取りが好ましくないという場合もあります。寸法が合っていないと無駄なスペースができてしまい、微妙な隙間が多くなってしまうことは否めません。既に引っ越しのときに持って行くと決まっている家具家電については寸歩を間取り図上で合わせてみることが肝心です。

家具家電で気をつけたいことはまだある

家具家電を設置するときには窓と電源を考えなければなりません。マンションを購入するときにはもう一度だけその点に問題がないかを確認しておきましょう。家具や家電は大きいので、置き場所によっては窓を隠してしまうことになります。掃き出しになっている場合には家具家電を置くのは合理的ではなく、他の場所だけで十分に置けるかを吟味することが大切です。また、家電を置くところにはコンセントがないと使えません。延長コードで遠くから持ってくることもできますが、それが足に引っかかるなどのトラブルを引き起こす可能性もあります。電源容量がオーバーするような事態になる場合もあるので適切な位置に適切な数だけコンセントが有ることも確認してからマンションを買うようにするのが安全策です。

大宮のマンションは、利便性の割には価格が安いことが特徴です。家族用のマンションでも、価格が3000万円を下回るものは数多くあります。そして、都心までは決して遠くありません。

別荘地に住宅を購入する際に確認すべきこと

別荘を購入するメリットとは

別荘は、長期休暇を利用して、都会の喧騒を離れて自然豊かな観光地で時間を過ごしたい人にとって、魅力的な物件として位置づけられることがあります。

特に、社会的なステータスの高い人にとっては、避暑地などの別荘を購入することで周りの人から良い印象を持ってもらえることもあり、予算の都合に合った物件の選び方をきちんとマスターすることがおすすめです。

別荘の購入計画を立てるにあたっては、住宅そのものの値段だけでなく、メンテナンスやリフォームに必要となるコストに目を向けることが大切です。

その他、別荘地を賢く利用するために、不動産会社の勉強会などに足を運ぶことにより、有意義な知識を得ることが可能です。

中古別荘のリノベーションのタイミング

中古別荘の居住環境を良くしたい場合には、ベストなタイミングでリノベーションを依頼することがおすすめです。

特に、木造建ての別荘に関しては、月日の経過に伴い、木材の劣化が進んだり、色あせが目立ったりすることがあるため、信頼のおける工務店に相談をしながら、リノベーションのメリットをきちんと把握することが大事です。

一般的に、中古別荘のリノベーションをするためには、物件の構造や材質などによりますが、1か月から3か月程度の期間がかかることがあります。

そこで、早いうちから専門のスタッフと話し合いをして、施工開始から引き渡しまでの流れを理解することはもちろん、リノベーションを行うことにより機能性やデザイン性などをさらに良くすることができます。

土地や一戸建てなどの物件を探しているなら、北杜市 不動産に相談しましょう。面積や間取り、価格を明記していますから安心です。

店舗デザインの気になるあれこれ…どうやってデザインする?

そもそも店舗デザインの方法とは?

店舗デザインというのは、ある程度の大まかなところは自分自身で決めて、それを具体的なものにするのは主にデザイナーの仕事となります。

とはいっても、何の案も無かったり、あまりにも大まかだとさすがにデザイナーも提案は出来ません。

ですので、自分でどういった店舗にしたいかというのか具体的に説明できるところまでは決めておくべきです。

機能性と内装のどちらをより意識するべきか

機能性と内装の両方に優れていれば最高なのですが、色々な面からそれを断念しないといけない場合があります。

その場合はどちらかをより意識してデザインをする事になるのですが、どちらを意識すれば良いかというのは業種によって変わってきます。

例えば内装にこだわらないといけない店舗でしたら、少々の機能性を犠牲にしてでも内装を重視するべきですし、機能性さえ優れていれば特に問題ないと感じる客層が多いのでしたら、機能性を重視しましょう。

もちろん、店舗には働く人もいますので、そういった人達の意見も取り入れたうえで結論を出すのが正解です。

どうやって自分の業種に合うデザイナーを探す?

自分の知り合いで良いデザイナーを知っているのでしたら問題はないのですが、大抵はそういった事もなく、ゼロからデザイナー探しを初めていく事になるでしょう。

この場合にオススメな方法は色々な設計事務所の実例を見ていく事で、特に自分がやっている業種を多く受け持つ設計事務所がありましたら、そこはマークしておくべきです。

やはり慣れている分、色々な案を提案してくれますし、そこに自分が思っている案を加えていく事で、素晴らしい店舗デザインが出来る事もあります。

雑貨屋などを経営する場合、たくさんの雑貨を狭い空間に展示したいと思うかもしれません。しかし、地震や火災などが発生したときに避難通路をふさいでしまうような店舗の内装は避ける必要があります。

商売繁盛のために!店舗デザインで知っておきたいポイント

客足を左右する店舗デザイン

飲食店などのお店をオープンさせる時、必ず行わなければならないのが店舗デザインです。お店の外観や内観のデザインは、お店のイメージを大きく左右します。おかしなデザインであればお客さんは減ることが予想されますし、洗練された素敵なデザインであれば、たくさんのお客さんを呼び込むことも可能です。このため店舗を開店させるにあたって、入念に考えておく必要があります。

店舗デザインで実際に行うこと

店舗デザインは、店舗設計と呼ばれることもあります。まずはお店のオーナーが店舗のイメージを明確に示して、設計事務所やデザイン会社がこれを具体化します。そしてお店の設計図が出来上がったら、デザイン画を描きます。さらに家具やインテリアなども配置し、店舗デザインを固めていくことになります。またこれに付随して、什器の設置場所や、壁や床の色なども考える必要があります。全てを考慮した上でデザイン通りのお店が作れるかどうかの確認をし、オーナー側が承認すれば施工作業へと入っていきます。

店舗デザインを行う目的

店舗デザインを行う目的は、提供している商品をより魅力的に見せることです。雑貨屋さんであれば、お店のインテリアよりも商品の方を目立たせる必要があります。このため壁や棚の色は、控えめな色で統一しているケースが多いです。

また飲食店の場合は、お客様が食事しやすい環境を整えることも大切です。カウンター席の間隔を広めにしたり、テーブル席や座敷席では会話を楽しめるような空間づくりも必要になってきます。利用されるお客様のことを考えて、店舗デザインを進めることも大切です。

内装デザインにこだわることによって、店舗の集客率を上げることができます。まずは、専門のデザイナーが所属している事務所に相談してみましょう。

店舗デザインを選ぶ前に知っておきたいこと

コンセプトを明確にする

お店を開く場合には、お店のコンセプトが大事になるのは言うまでもありません。お店のコンセプトが明確でないと、お客さんがなかなか訪問してくれなくなり、結果的に安売りでお客さんを集めるしかなくなります。もちろん、安売りが悪いわけではありませんが、安売りをすると一人当たりの売上げ単価が下がってしまい、仕事量の割には儲からない状況が続きます。しかも、一度安売りをしてしまった場合、途中で値上げをするとお客さんが離れてしまう傾向があるでしょう。ですが、しっかりとしたコンセプトでビジネスを行う場合には、そのような心配をする必要はありません。コンセプトが明確になれば、店舗デザインの方向性も変わってきます。

店舗デザインするときの業者選び

店舗デザインをする場合には、業者選びが大切になります。基本的に、店舗のデザインをしてくれる人は住宅等の設計士です。設計士にも様々な人がおり、いわゆるデザイナーと呼ばれる有名な人もいますので、有名なデザイナーを選ぶと非常に魅力的な店舗になるのは間違いないでしょう。

ただし、自分のお店に対するコンセプトとそのデザイナーのデザインが合っていなければ、逆効果になることも考えられます。例えば、和風を前提としているカフェに有名な洋風デザイナーを採用する場合です。ただ有名だからよいわけではなく、自分が考えているコンセプトに一致するデザインを選ぶことが重要です。デザインを行う前には、しっかりとした打ち合わせをしましょう。打ち合わせを丁寧に行うことで、今まで見えなかったものが明確に見えてくることがあり、より魅力あるデザインを作り出すことが可能です。

賃貸物件などで入居者が決まってから内装工事をする場合があります。内装をきれいにしたのに入居者がなかなか決まらないと、部屋の換気が悪くカビが発生してしまうこともあります。

方針を決めるのが大事!良質な店舗デザインにしたいなら

コンセプトを明確にすることが重要

良質な店舗デザインを実現したいのであれば、まず最初にオーナーがお店のコンセプトを決定しなければいけません。お店の最終的な理想形が分からなければ、デザインの取っ掛かりを見つけることもできなくなるからです。デザイナーの方に仕事を依頼する際にも、コンセプトの提出はほぼ必須になります。適当にお任せをするといい結果にはなりにくいので、必ず最初に明確なコンセプトを用意するようにしましょう。

コンセプトが決まればデザインの方向性も決まる

デザインの方向性は、コンセプト次第だと言えます。コンセプトが決まってしまえば、ほぼ自動的に大まかな方向性も決まります。これらは連動していて切り離せるものではないからですね。方向性が決まれば、具体的なデザイン案も割と簡単に出していくことができるでしょう。デザインの取っ掛かりができるので、後の作業は早くなります。方向性が決まれば、後はバリエーションを揃えていくだけです。

コストには糸目を付けないことが大事

デザイン料が多少高くても、優秀なデザイナーさんに仕事を依頼するのがベストです。優秀なデザイナーさんは、オーナーの理想の店舗デザインを提案してくれる可能性が高くなるからです。色使いなどはセンスが求められますから、適当な人にお願いをすると後悔することもあります。一度決めた店舗デザインはそう簡単に変更できません。数年はそのデザインで経営を頑張っていかなければならないのですから、妥協はしないのが一番です。いいデザイナーさんは、採光についても考慮してくれますし、動線や空気の流れにも気を使ってデザインをしてくれます。

店舗デザインは、自分の思い描いたイメージを建築士に伝えて出来る限り希望通りのデザインにしてもらうことも可能です。

数年後のことも考えよう!マンションの立地の考え方

今住むのに適した立地がベストか

マンションを購入するときにできるだけ良い立地で選びたいと考えるのはもっともなことです。仕事先にも近くて近くに駅やスーパー、病院なども揃っているようなマンションが見つかると魅力的な物件と考えるでしょう。間取りなどにも申し分がないとわかったら他に人に買われてしまう前に購入を決定しようとしてしまいがちですが、そこで一歩踏みとどまることも大切です。大抵の場合には、今住むのに適した立地のマンションを選んでしまう傾向があります。しかし、購入したマンションには何十年も住んでいくことになるため、そのときにも住みやすいマンションを選ぶことが大切です。できるだけ先を見越して魅力的なマンションを選ぶようにしましょう。

数年後までなら考えやすい

何十年も先のことは考えるのが難しいですが、数年後までなら比較的考えるのは難しくありません。その間に子供が生まれたり進学したりすることもあれば、転職することを予定している場合もあるでしょう。そのようなイベントが起こったときにその立地で大丈夫かを確認することが重要です。特に子供については十分に配慮する必要があります。住んでいる場所によって育児支援を受けられるかどうかが異なる場合もあれば、高校進学などで選べる学校が学区制によって定められてしまっている場合もあるからです。子供の人生を左右してしまう可能性があるのが立地であり、少なくとも数年後までの子供の将来を考えて適切な立地を選ぶようにするのが大切になります。

宇都宮のマンションを探すなら、宇都宮駅から徒歩15分の範囲まで広げて探すと思いがけない理想物件が見つかることがあります。中古マンションで平置き駐車場、ペット飼育可能なども見つかりやすくなります。