注文住宅を建てる時、どんなことがポイントになるの?

まずは土地探し、譲れない条件は?

注文住宅を建てる時、まず考えなければならないのは、どこに建てるかということです。通勤通学の利便性や環境の良さなど様々なポイントがある中で、優先順位をつけないと延々と探し続けることになります。この時注意したいのは、家族の今ではなくこれからのことも頭に入れて考えるということ。学齢期を考えると学校の近さに重点を置きたくなりますが、将来的に家族のほとんどが電車通勤をする可能性がある場合は、便利な路線の駅近くが望ましいということになるでしょう。また、休日の過ごし方を中心に考えるのであれば、公園や家庭菜園などのレジャー施設が豊富な場所が魅力的でしょう。

間取りの中でもキッチンデザインは大切

土地が見つかるといよいよ建物の設計に入ります。建物の外観や間取りをすべて決められるのは注文住宅の良さですので、できれば一つ一つ楽しみながら決めたいですね。中でもキッチンのデザインはその家らしさが表れるところで、家族の食卓をイメージしながら慎重に考えたいところです。I型やII型と言われるキッチンは、作業台やコンロが壁に向かって配置されているので料理に集中できるメリットがありますが、リビングに集う家族とのコミュニケーションは取りにくいかもしれません。対面型のキッチンはその逆で家の中の様子を見ながら作業のできるメリットがありますが、人によっては気が散ることもあるでしょう。また、最近よく見かけるアイランド型にすると、作業台に複数の面からアクセスできますので、休日に家族で料理を楽しみたい人には魅力的ですね。

自然の風や太陽光を取り入れることが出来る注文住宅が、全国的に注目されています。自然エネルギーを上手く活用するとともに、省エネにも貢献しています。